Machiya × Art

At Iori Machiya Stay, we have provided a space where you can feel the aesthetic sense of a Machiya such as plaster walls, floors, and fusuma.

We are trying to display the works of contemporary young artists in the unique space of the historic Machiya house.

Sit on a tatami mat and appreciate it, or lie down in the bedroom and look at it. Through such an experience of traveling as if to live, we will continue activities to convey the new charm of Machiya.

2019/1/26~31

西原さん作品画像①.jpg

AYAKA NISHIHARA & AINE JOE GROUP EXHIBITION 身近な存在

庵町家ステイでは、町家での現代若手作家による作品展示を応援しております。

この度、7月2日から、庵町家ステイ「おく材木町町家」にて関西の若手の画家2名による展覧会を開催いたします。

本展では、家族などの身近な人物をモチーフに油彩でポートレイトを描く、城愛音さん@aiue_joeと、磨りガラスや窓から見える花など、家の中からの風景を絵画で描く、西原彩香さん@nishi.a.24による合同展示となります。

 

本展では、各々作家自身の、日常における個の視点をテーマにした作品と、元は誰かの居住空間であり、現代に残された空間である町家(町屋)での作品の鑑賞は、生活家具や町家(町屋)の調度品と合わさった室内で作品を観ることによって、絵画作品をより身近なものとして捉えることができるのではないかと試みます。

それらは、今日のコロナ禍においての隔離と、個人性、生活空間とが強調され感じられる現代において、二人の視点からの新たなプライベート、身近な存在とは何かを一度省みることを考えます。

 

【会期】2021年7月2 (金)、3 (土)、4 (日)、5 (月)、9 (金)、10 (土)、11 (日) 

【開催時間】各日 12時〜18時

【会場】庵町家ステイ「おく材木町町家」 

    京都市下京区木屋町通松原下る材木町430(Google map : https://g.page/OkuZai

【入場料】無料

 

【ご来場のお客様へ】

・新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策を実施して開催いたします。

・マスクの着用、入場時の検温、アルコール消毒等のご協力をお願いさせていただきます。

・ご入場の方が多い場合には、ご入場を制限させていただく場合がございます。

・お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用いただきますよう、お願いいたします。

  

【作家プロフィール】

西原彩香 | Ayaka Nishihara

@nishi.a.24

 

1992年 愛知県生まれ

2019年 京都市立芸術大学大学院 美術研究科修士課程絵画専攻油画 修了

 

「軽さ」をテーマに、絵画を中心とした制作を行う。イメージを追うことだけではなく、感覚値に触れるモノの存在を探る。「軽さ」には、デジタルや流通、共有の中で体感しているものと、 印象について扱っている。これらを前提とした、絵画表現は、情報や画像 (グラフィック)が質量を持つことを表す。

 

 城 愛音|Aine Jo

@aiue_joe

 

1994年 大阪府生まれ

2019年 京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画 修了

 

身近な人がみせる“何気ない一瞬”を切り取り、その人物や光景が取り巻く浮遊しているような感覚を描こうとしている。疾走、焦燥、軽やかさを感じながら、眼が冴えるような色を紡いでゆく。これらの集積が反射光や、硬質な眩しい光にみえる。

瞬くように感じた時間、心地。 いずれ埋没してしまう、なにか。その閃光のような感覚をとどめれば。

 

 

ご来場の皆様にはご不便やご迷惑をお掛けしますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

身近な存在6
身近な存在6
press to zoom
身近な存在5
身近な存在5
press to zoom
身近な存在1
身近な存在1
press to zoom
身近な存在3
身近な存在3
press to zoom
身近な存在4
身近な存在4
press to zoom
身近な存在2
身近な存在2
press to zoom
西原さん作品画像②jpg
西原さん作品画像②jpg
press to zoom
西原さん作品画像①
西原さん作品画像①
press to zoom
身近な存在_改訂
身近な存在_改訂
press to zoom
城愛音作品画像_01(2)
城愛音作品画像_01(2)
press to zoom
 
HK2_4672.jpg

品川美香 個展『わたしが魚だったころ』

2021年3月4日(木)から3月7日(日)まで、三坊西洞院町町家 では"ARTISTS' FAIR KYOTO 2021" のサテライトイベント"ARTISTS' FAIR KYOTO 2021:SATELLITE"として、品川美香さんによる、現在のシリーズ初の個展「わたしが魚だったころ」を開催しました。


〜ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021: SATELLITE
わたしが魚だったころ The dream of the embryo/品川美香〜

■日時
2021年3月4日(木)、3月5日(金) 13:00 - 18:00
3月6日(土)、3月7日(日) 10:00 - 18:00
■会場
「庵町家ステイ  三坊西洞院町町家」


“私とは何か、人間とは何か”をテーマに絵画を制作してきた作家の品川美香さんに、ご感想をお伺いしました。

「作品となる絵の中には、赤い髪の子どもが登場します。この子どもは、特定の誰かの肖像画ではなく、"人間を普遍的に描きたい"という私自身の気持ちから描いています。子どもが持つ、可愛さと狂気。その両義性が作品の重要な要素となっています。

子どもの瞳の奥には、顕微鏡画像などのミクロの世界と、宇宙のようなマクロの世界を描いており、背景には、生態系をキーワードに植物や虫を描き始めました。 散歩中や、実家の庭、旅先で出会った植物を描いており、 今回は昨年の自粛期間中に家の近所で出会った春の草花をメインに描きました。 

今回の個展では、以前からやってみたいと思っていたことに、沢山挑戦させていただくことが出来ました。 
下絵づくりや実際に絵を描く際には、日々お部屋のイメージを大事に制作してきました。 そのため、実際に絵を展示する際はあまり悩みませんでした。 事前にイメージしていた以上に町家に合った展示に出来たと思います。 

数寄屋風の三坊西洞院町家が会場になっていることから、掛け軸の比率に合わせた縦長の絵も作成しました。空間に合わせて制作をすることで、自分がいつもやっていることの殻をやぶることができます。 それによって、まだ見たことのない新たな世界が描けるのだと、改めて実感することが出来ました。 

今回の展覧会で気づけたことを生かし、今後さらに豊かな作品を展開していけるのではとイメージが湧き、わくわくしています。 」

撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
撮影:大河原 光 photo by Hikari Okawara
press to zoom
 
F00135BD-AC5A-4425-AF9A-E01F24C51842.JPG

ORIOBI 個展『縁‐gratitude‐』

庵町家ステイのさき玉屋町町家では、ORIOBI/白幡磨美氏による初個展『縁 -gratitude-』を開催しました。


~ORIOBI 個展「縁‐gratitude‐」~
■日時
2021年2月23日(火)~28日(日)
24日(水)~26日(金) 12:00~18:00
23日(火・祝)・27日(土)・28日(日) 10:00~18:00

■会場
「庵町家ステイ さき玉屋町町家」

〈ORIOBI/白幡磨美氏 INTERVIEW〉
 「ORIOBI」は着物帯を切らずに1本そのままの形を大切にして作った装飾品です。今回の展示では、箪笥にしまわれたままになっている帯を出し、日常の生活の中で身近に置いていただける提案ができないかと考えました。生活空間を華やかに彩り、帯の持つ歴史や持ち主の想いを側に感じられるよう、展示に反映しました。

 

最初に展示会場の候補となる町家の案をいくつかいただいた際、さき玉屋町町家の温かみのある雰囲気の中に懐かしさや温度を感じ、こちらを会場に決めました。

そして町家の静かに堂々と佇むその姿に制作意欲を刺激されました。

結果、町家の持つ歴史があり温度のある雰囲気と、帯の持つ存在感と物語が溶け合って高め合ったとても良い展示になったと思います。

 

 白い壁の展示場とは異なり、より立体的に表現できる会場で、柱から吊るした作品(「輪」)や、手すりに巻き付けた作品(「間に間に」)、鏡周りを装飾した作品(「彩の風」)などの新たな表現を取り入れました。

 

また、今回初めて来場者様参加型の大型作品に取り組みました。

さき玉屋町町家の2階広間を生かして、会期を通して会場で制作する予定の大型作品があったのですが、3日目よりご来場いただいた皆様にもご参加いただき、一緒に作り上げるという方法に変更しました。

普段帯に触る機会の少ない皆様には、長さや重さを含め帯がどういうものなのかを体感いただきました。

 

 

この参加型作品を通して、帯の触り心地を体験できてよかった、着用時の帯結びとは違う形を自由に作る楽しさや複数本使う面白さを経験できた、アーティスト気分を味わえた、など様々なご意見をいただきました。

いかに現代の生活の中で帯に触れる機会が少ないこと、服飾品としての使い方しかないと考えられていることがわかり、帯にもっと気軽に触れる機会を作ることが重要だと気付きました。

 

 日本の伝統技術が施された芸術品である帯が箪笥に眠ったままになってしまっていることは、とても残念なことです。

日頃から帯と触れ合う機会を増やしていくことが重要だと考えています。

微力ではありますが、今後はご自宅に眠る帯を使ったワークショップや身近に使えるアイテム開発などに力をいれていく所存です。

伝統文化「折り紙 」が、国内から世界中までも幅広い層に親しまれているように、「ORIOBI」をより多くの方に知っていただき、現代の生活の中で帯を身近に感じて過ごせるよう活動を広げていきたいです。

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
 
 
爪先⑪.jpg

『爪先は透明だった / 庵町家ステイ レジデンス成果展』

庵町家ステイの平野町町家では、1990年生まれの若手美術作家の板垣晋氏による滞在型作品展

「爪先は透明だった / 庵町家ステイ レジデンス成果展」を開催しました。

~板垣晋「爪先は透明だった / 庵町家ステイ レジデンス成果展」~
■日時
2020年10月25日(日)、28日(水)- 31日(土) ※26日(月)、27(火)は休み
12:00 -18:00 (最終日31日(土)は15:00まで)
■場所
「庵町家ステイ 平野町町家」

2020年10月1日から1ヶ月間、庵町家ステイの平野町町家に滞在された板垣氏。
「現在の京都」をモチーフとした作品制作の過程と、町家に滞在されたご感想を伺いました。

〈板垣晋氏 INTERVIEW〉
 「今回の滞在制作では、『現在の京都』をモチーフとした油彩画、ドローイング、そして滞在中の時間の流れを記録するインスタレーション作品を制作し、展示会を行いました。
 制作期間と展示会を含めて1ヶ月という期間の中で、まず制作に向けて京都の街を実際に歩くフィールドワークを行いました。街の中にお寺・神社・文化財の建物が数多くあることに気づき、コンクリートの建物に囲まれて古い町家が頑張って建っていたり、住んでいる横浜とは違った雰囲気など、街を歩きながら出会った京都らしい印象的な風景を油絵で表現しました。
 また、平野町町家ではないとできない表現についても探求し、中庭や坪庭には白紙を置くことで、自然を自分が白紙にスケッチするのではなく、自然が白紙にスケッチされていくことで場所を記録できるのではないかと考え、そんなアイデアを表現するインスタレーション作品にも挑戦しました。
昔ながらの日本家屋はどこか懐かしい雰囲気で、ホテルに滞在する感覚とは違い、町家の柱にある身長を測った跡など、この家に刻まれた痕跡からあたたかみを感じることができました。
東本願寺に面した町家だったので、朝6時には鐘の音や読経が聞こえてきたり、雨の日は雨の匂いを感じることができたり、五感を使ってさまざまな新鮮な体験をできたことが、制作の源となりました。
 長期滞在することで、天気や時間によって町家に入ってくる光が変わるなど発見できることもあり、とても有意義な滞在でした。」

 

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
 
瞬かない星⑯.jpg

品川亮 個展『瞬かない星を眺めて』

京都を拠点に活躍する現代作家 品川亮氏による個展『瞬かない星を眺めて」を三坊西洞院町 町家にて2020年12月18日(金)から12月20日(日)まで開催しました。

宙からみると“ 星は瞬かない” といいます。

地球にある大気が影響して、太陽系の惑星以外の星は瞬いてみえるそうです。

僕らは地球に住んで、夜空を見上げて、当然のように瞬いている星を眺めています。

* * *

僕は江戸後期だと曾我蕭白、長澤蘆雪、伊藤若冲、酒井抱一、鈴木其一あたりの絵師が好きです。

その当時の京都では円山応挙が人気だったようで、“ それまでの日本の絵にはないような写実的な絵” として 一世風靡していたそうです。

僕は、最近まで応挙について「うまいけどなぁ」というのが正直な感想でした。

若冲や抱一はうまいし絵としても家屋を彩る調度品としても優れていると思います。

ただ、実際に薄暗い町家に身を置いて長い時間過ごしてみると「応挙って凄いかも…… 」と思うようになりました。

思うに、若冲などは美術館や博物館のような“ 陳列” に耐えうる作品、欧米の創り上げた“ 絵画” と同じように鑑賞できそうな作品で、周りの環境に左右されず鑑賞した時に絵だけで見ることができる力があるのかもしれません。

そして、それらの作品ももちろん、町家やお寺のような空間でも耐えうるものがほとんどだと思います。

でも、多くの江戸後期までの作品は、町家のような薄暗さや蠟燭のようなか細い灯り、現代で言うと家具や壁紙のような設(しつらえ)のひとつとして鑑賞(または眺められる)ことを当然として作られていたんだ、と気がつきました。

* * *

町家のような“ 作品のための展示スペース” “ 鑑賞のための場” とはとてもじゃないけどいえない場所に合わせて日本の絵画は作られ、眺められてきました。

それは、現在では一般的な作品の鑑賞の場や方法とはいえません。

ただ、一般的でなくても、スタンダードでなくても近代までの我々日本人はそのように作品を見つめてきたんだ、と思うと作品の作り方や見せ方、見方も変わる気がしています。

江戸時代に描かれた屛風を、フラットな平面に描かれた絵画のように平坦にして均一な照明を当てて展示すれば描かれている“ モノ” はわかりやすくなります。

でも描き手も、依頼者もそのようなモノを求めてはいなかったはずです。庇の長い日本家屋で、薄暗がりの中にほのかに光る箔の煌めきや上からの照明では決して見ることのできない墨の深い色合いなどは、美術館やギャラリーでは垣間見ることすらできないものだと思います。

作品を見るためだけに作られた照明、壁、清潔感といった空間ではなく、生活の中から生まれた日本絵画を、体験も含めた作品であったり、展覧会にしたいと思い、今回の展示に挑みました。

決して美術館やギャラリーのように作品だけが見やすい空間ではありません。

ただ、その当時に戻れない以上、シミュレーションを通して体験し、自分の糧にしたいと考えています。

それはグローバルスタンダードな鑑賞方法ではないかもしれませんが、地球ではなく宇宙から星を眺めるように、それは瞬かなくてもおなじ星で、それぞれの美しさがあると信じています。

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
 

“ARTISTS’ FAIR KYOTO 2020:BLOWBALL” 『From one stroke 2』

ARTISTS 'FAIR KYOTO 2020: BLOWBALL (March 6, 2020)

ARTISTS 'FAIR KYOTO 2020 (BLOWBALL) was held on Saturday, February 29th and Sunday, March 1st, 2020.

At Sujiya Machiya,  we paint a blue “one stroke” painter based in Fukuoka, Kyoto and Asia.

You saw Mina Katsuki's first solo exhibition in Kyoto.

 

“From one stroke 2”

 

Schedule: Saturday, February 29, 2020, Sunday, March 1

Time: 11:00 – 18:00

Meeting place: Iori Machiya Stay Sujiya Machiya

144 Shimoguji-machi, Fukkoji-dori, Fukkoji, Shimogyo-ku, Kyoto-shi

Phone: 075-352-0211

Exhibitor: Mina Kazuki

Admission: Free

 

As a satellite event of “ARTISTS 'FAIR KYOTO 2020” on Saturday, February 29th and Sunday, March 1st, 2020, as “ARTISTS' FAIR KYOTO 2020: BLOWBALL”,

A solo exhibition "From one stroke 2" by Mina Katsuki was held at Sumiyamachi Machiya. Thank you to everyone who came.

Mina Katsuki uses 233 colors of blue paint to create beautiful gradation works with one stroke. This solo exhibition in which a masterpiece was displayed in a Japanese-style room on the 2nd floor of Susiyamachi Machiya. We asked about your thoughts on the works and this exhibition.

 

<Mina Kazuki INTERVIEW>
“When I was in high school, I started to study oil painting in earnest at a painting prep school. From that time I was studying based on realistic techniques, but I forgot all of the techniques I had cultivated until now, As a result of repeated trial and error, I came up with this expression, thinking that I should make a work without giving up.
I am very particular about the formulation of paints, which is the theme of my work, and sometimes even a slight change in the amount of water can cause the paints to fade or the swelling to disappear.
I think that if I continue to pursue that path even with just one paint, I can find something that is related to the "way" that I long for, such as calligraphy and tea ceremony. In recent years, we've been receiving more and more feedback from customers, and I'm glad we believe in it and continue.
In this exhibition, we have created an exhibition space with an emphasis on “setting”. For example, on the first floor, where there is a guest room, I dare to display the work low so that I could enjoy the garden and the work at the same time. And the main work Daisaku was exhibited in the back room on the second floor, which is the room of the master of today's Machiya, the layout of the exhibition was decided according to the intention of the designer of the old Kyomachiya, and a work that fits there was made. . "

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

Groupe exhibition  "KYO"  

 Groupe exhibition  " KYO " (October 20, 2019)

The exhibition "Groupe exhibition" KYO "" by TAKU SOMETANI GALLERY was held in Minoya Machiya from September 3rd to 4th.

Six participating artists graduated from Kyoto graduate school in March 2018 or March 2019.

Machiya, which has a traditional atmosphere, exhibited contemporary art works and was appreciated by many people.

Please keep an eye out for writers who are expected to be active!

  

《Groupe exhibition “KYO” / Participating artists ”
Walnut Kotani https://www.instagram.com/kurumi_kotani/
Keiko Konishi https://www.instagram.com/konishi_keiko/
Aijo Castle https://www.instagram.com/aiue_joe/
Ryo Nishimura https://www.instagram.com/nishimura_ryo_/
Yu Matsumoto https://www.instagram.com/matsumoto_haruka333/
Kouhei Yamamoto https://www.instagram.com/shohei_yamamoto_art/

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
 

Exibition "Breathing Garden"

At Iori Machiya Stay, we will have a Contemporary Art exhibition ("Breathing Garden")
from 26th January to 31st.You can enjoy and take your time seeing Contemporary Arts
by 3 artists (Ryo Shinagawa, Mika Shinagawa, Moe Nakamura) in the traditional old
Japanese house-"Sujiya-cho Machiya".
Period: 2019.1.26 [Sat]-2019.1.31 [Thu]
Venue: Iori Machiya Stay "Sujiya-cho Machiya"


Participating artists:
Ryo Shinagawa   https://www.instagram.com/ryo__shinagawa/
Mika Shinagawa https://www.instagram.com/mika_shinagawa/
Moe Nakamura   https://www.instagram.com/moe792190/

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom